毎週水曜日の営業時間が変わります。9:00~19:00に変更になります。水曜日以外は通常通りです。 感動を永久に留める

ようこそトロフィー工房へ!

トロフィー工房は、各種スポーツ大会や芸術コンクール、さまざまなコンテストやコンペディション、さらに社内表彰等まで、あらゆる表彰式にて授与される、表彰楯や優勝カップ、メダルなどを専門販売しているウェブサイトです。

トロフィーや優勝カップなどは主に優勝者に贈られるものですが、成績上位者(入賞者)や特別表彰者などに小型や、シルバーなどの色違いのものが授与されることも多く、弊社では、そんな小型のものから様々な種類、色のものまで幅広く取り揃えております。

当店では、専門の職人の手でハイクオリティに仕上げた上質なトロフィーや優勝カップを、受注から発送まで一貫した専門工場だからできる価格でご提供しており、迅速に日本全国お届けすることが可能です。また、お客様のご注文通りに精巧に名入れ彫刻を施すことも可能です。

弊社の製品をご購入やお選び頂く際、疑問点やご質問等がございましたら、弊社の専門スタッフが親切・丁寧にご案内いたしますので、お気軽にご連絡ください。

トロフィー

古代の神殿の石柱がモチーフになったとされるトロフィーを、装飾の細部までこだわり続けて制作された珠玉の輝きを放つ逸品で各種、さまざまな材質でとサイズでご提供しております。

ハイクオリティートロフィー A500
ハイクオリティー トロフィー A500
最もハイクオリティーなトロフィーです。永遠の表彰として是非いかがでしょうか?
詳細はこちら
スタンダードトロフィー A505
スタンダード トロフィー A505
一般的なサイズが揃っているスタンダードなタイプのトロフィーです。
詳細はこちら
スタンダードトロフィー A535
スタンダード トロフィー A535
青い球がポイントのトロフィーです。一番上の人形も各種お選びいただけます。
詳細はこちら
トロフィー(レリーフ:Y553)
トロフィー(レリーフ:Y553)
スポーツ大会の表彰などに、デザインに凝ったトロフィー。最高の記念になります。
詳細はこちら

トロフィーの由来

トロフィーの語源は古代ギリシアの戦勝記念碑「tropaion(トロパイオン)」から来ていると言われています。

起源は紀元前までさかのぼり、BC338~BC30の頃、樫の幹を戦場に立て、それに戦利品、もしくは敵の武器である兜や楯などを掛けた物が始まりだと言われています。また、勝者側の都市の広場などに戦勝記念碑として青銅や大理石製のモニュメントを建てるならわしもあり、次第に巨大化していったそうです。有名なものだと、ローマ市内のトラヤヌス広場の中に建てられている、トロヤヌス記念柱がある。これは、ローマダキア戦争(101~106)でのローマ側・第13代ローマ皇帝トラヤヌスの勝利を記念して建てられたものであり、大理石製で、総高約38メートルにも及ぶ円柱です。

ところがその後、トロフィーは逆に小型化していき、携帯化されるようになりました。中世ヨーロッパにおいては勲章的な役割を果たしはじめ、そして現在のようにスポーツ大会などの優勝記念に贈られるようになったのは、19世紀後半の欧米からだと言われています。

また、カップの起源は酒を受ける杯だと考えられています。 古くは敵の頭蓋骨でカップを作り、それに酒を注いで戦勝を祝う風習があり、後にこれに金や銀、宝石などで飾り付けをし、部族や仲間の英雄にそのカップで酒を勧めました。 そこから戦勝した側の英雄に、勝利の酒を注ぐための飾りつけをした豪華な杯を贈られるようになったのではないとかと言われています。

また日本でも杯は特別視されており、酒は儀式などで用いられる神聖なものであり、それを入れる杯もまた神聖なものであるとされていたようです。

更新履歴

  • 2013年7月29日 「用語集」に「月桂樹」を追加致しました。
  • 2013年7月10日 「用語集」に「楯」を追加致しました。
  • 2013年3月6日 トロフィーの商品をリニューアル致しました。
このページのTOPへ

トップページ│Copyright 2013 トロフィー工房 All rights reserved